FEC(鉄粉除去剤)ボディのザラザラした鉄粉・凍結防止剤落としに!濃縮タイプ(2倍~4倍希釈可) 500ml詰替パウチ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

FEC(鉄粉除去剤)ボディのザラザラした鉄粉・凍結防止剤落としに!濃縮タイプ(2倍~4倍希釈可) 500ml詰替パウチ

¥1,800 税込

2個以上購入で2個目から100円 OFF

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー2件

送料についてはこちら

【商品の選び方・解決出来るお悩み】 ・ボディ、ホイール等の鉄粉除去に 市販品より効果的に除去できる、そして、扱い易いように成分調整しシミ等のトラブルになりにくい鉄粉除去剤です。 ネンド掛けでは、傷のリスクが付き物なので小まめにFECにて除去することがオススメです。 【YouTube参考動画】 動画にて作業法や効果をご確認頂けます。 FECによる鉄粉除去方法→https://youtu.be/2xzctymBXfg ネンドクリーナーがオススメ出来ない理由→https://youtu.be/dkNe9LFDMiA ※詰替え用パウチとなります。噴霧スプレーは百均の物も使用可能ですが耐久性が無い為、ホームセンターに売ってある農薬噴霧用のスプレーボトルがお勧めです。 ■解決出来るお悩み ボディやガラスのザラザラした鉄粉・ブレーキダスト汚れ・凍結防止剤落としに効果抜群! 洗車では取れない鉄粉を除去するケミカルです。 FEC鉄粉除去剤はアルミホイールやボディーに付着、固着した鉄粉や錆を浮かせて除去します。 鉄粉が付着した範囲にスプレーすると紫色に反応します。 軽度の鉄粉でしたら、FEC鉄粉除去剤だけで落とすことができます。 また本製品の最大の特徴は希釈可能な鉄粉除去剤です。 お好みに応じて濃度を変える事が出来ますので、ボディコーティングの際の下地処理には濃度高め、通常メンテナンスの際には濃度低めとオーナー様のお好みや作業内容で濃度を変えて使用出来ます。 天然ワックスであっても硬化系コーティングであっても屋外で走行する限り付着し鉄粉除去は必要になります。 粘土掛けやパッドを使用すれば効率よく除去出来ますが、同時にキズも入れてしまうのでオススメ出来ません。※粘土やパッドは、研磨が必要になります。 弊社のお勧めな除去方法は、鉄粉除去剤を噴霧→反応させ溶かす→濯ぐ、これを繰り返し行い鉄粉を除去する方法です。 ※中性で素材を傷めにくく時間を置くことが出来るためしっかりと反応させることが可能です。 ※完全除去は出来ない場合もございますが、塗装にキズを入れることなくダメージを受けない状態まで除去(小さく)出来ます。 鉄粉除去剤は比較的、高価なものも多く大量に使用したいけど使用出来ないとのお悩みもある製品の一つで、解決策とし希釈可で経済的、大量に使用出来るようにいたしました。 【オススメ希釈濃度】 ○希釈なし〜2倍 効率よく除去出来る推奨濃度。 プロ用、鉄粉の酷い場合やコーティング前の下地処理に、ブレーキダストの多いホイールに、ザラザラと感じるボディに ○3〜4倍希釈:3〜4倍希釈は、コーティング後の手入れ、ボディにザラつきを感じない程度時にオススメ ※鉄粉の付着状態に合わせ使用下さい。薄くなれば放置時間は長く出来ますが除去率は下がります、除去スピードを求める場合には濃い方がいいです。 塗装面、ガラス、ホイールなどに付着した鉄粉を除去、溶解することが出来る鉄粉除去剤です。 チオグリコール酸アンモニウムを濃くすれば、紫色に良く反応するのが良く除去できるとは言えず、成分のバランスが重要でDIY、屋外での使用を想定し鉄粉除去剤、石油系界面活性剤を使用せず素材を傷めない界面活性剤を絶妙なバランスで配合しておりボディの鉄粉、ブレーキダスト汚れの多いホイールの洗浄剤としても効果的で塗装やその他素材にもダメージを最小限に効果的に除去可能です。 【商品内訳】 ■内容量:500ml ■液性:中性 付属品:施工説明書付き ※ラベルなし ※容器の変更がある場合がございます ※複数個、購入時、説明書を購入数必要な場合には、備考欄にご記入下さい。記入が何もない場合には、1枚(1セット分)のみとさせて頂きます。 【使用方法:塗装面・ホイール】 ①汚れが多い場合には効率よく反応するように洗います。(水洗いやシャンプー洗車) ②ボディやホイールを洗い濡れた状態で、満遍なく噴霧します。水分が少ない方がよく反応します。 ③塗布後、1分〜5分程度、乾かない程度に放置し還元反応により作用、錆を溶かします。 ※中性で乾かさない限り時間を置き溶かすことが出来ます、乾きそうな場合には追加で噴霧して下さい ※紫色になる ④乾燥させない程度に反応させたっぷりの水で濯ぎます。 ⑤鉄粉の反応が無くなるまで繰り返します。 ※一度にたっぷり吹き付けるより、複数回に分ける方が効率よく除去出来ます。 ※ボディの隙間に液剤が入り込むので、隙間もしっかりと水で濯いで下さい。 ※中性のため施工後、シャンプー洗車の必要は必ずしもございませんが、成分の残りが気になる場合にはシャンプー洗車を行いましょう。しっかりと水洗いできればシャンプー洗車は必要ございません。 ※完全に全ての鉄粉を溶剤では除去出来ない場合もございます。 ※ホイールの茶色い固着、沈着した汚れ(ブレーキダスト汚れ)はシリカスケール除去剤PRO・DIYが最適です。 【メンテナンス使用時】 コーティングやワックス後の鉄粉除去のメンテナンスには、クロスがお勧め! FECを噴霧後、反応させクロスで優しく撫でましょう。除去し易くなった鉄粉をクロスで絡めとることが可能です。 粘土掛けは確実に鉄粉除去が出来ますがキズが入りますので、鉄粉除去を噴霧、又は、クロス使用で手入れすることをオススメします。 粘土や専用のクロス(ラバークロス)はキズが必ず入り、ネンド=研磨、傷の修正が必要になることを考えた上でご使用下さい。   【使用上の注意点】 □ご使用前に必ず目立たない所で試してからご使用下さい。 □クリアー塗装のない塗装ではイエローに限らず顔料に反応し変色する場合がございますので、一部、目立たない場所で試して問題が無いことを確認しご使用下さい。 □クリアー塗装有りでも顔料を含むものもあり変色する場合がございますので、使用にはご注意ください。 スズキ チャンピオンイエロー4(ZFT)、ジムニー ジャングルグリーン(ZZC)等酸化鉄を含む顔料の塗装やホイールのハイパーシルバー等には使用不可、ご注意ください!その他カラーも塗面が熱い場合には使用しないで下さい。 □使用時や保管時は、小さなお子様やペットが触ることのないように保管して下さい。 □付着を抑えたい場所には、作業前にマスキング(養生)を行うことで、付1着を防げますので適時、必要な場合には養生しましょう。 □各パーツ使用前には、小さな面や目立たない場所で問題なく使用出来るかお試ししてから本作業を行うようにして下さい。 □ホイール(メッキ、ポリッシュ、マグネシウム、アルマイト)や傷みの酷いホイールやプラスチック素材には使用しないで下さい。 □塗装面やその他場所も劣化が酷い場所への使用の場合、傷み口から素地の方へダメージを与える場合がございますのでご注意下さい。 □炎天下での作業や作業面が熱い場合には使用しないで下さい。 □アルマイトのモールやメッキモールなど、使用法によっては白濁しますので、使用したい場合にはご相談下さい。 □換気の良い場所で使用して下さい。 □冷暗所で保管ください。(紫外線等により変色します。変色しても効果に変化はございません。) 【警告等について】 警告:吸入飲用不可:●人体に害があるので、吸い込んだり飲み込んだりしない。●皮膚の弱い人は、かぶれる恐れがあるので保護手袋を使用する。●子供の手の届く所に置かない。 応急処置:●万一飲み込んだ場合は、直ちに医師の診断を受ける。●誤って目に入った場合は、直ちに水で15分以上洗う。異常があれば、医師の診断を受ける。●皮膚に付いた場合は、十分に洗い流す。異常があれば、医師の寝台を受ける。●作業中に気分が悪くなった場合、直ちに使用を止め、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合は、医師の診断を受ける。 使用上の注意:●用途以外に使用しない。●ご使用前に必ず目立たない場所でお試しになり、確認してからご使用ください。●容器を強く持ってキャップを開けると中身が飛び出す恐れがありますのでご注意ください。●施工対象箇所以外に本液が付着した場合は、直ちに拭き取ってください。●施工箇所が熱い場合は、冷水で冷やすなど冷めてから作業してください。●炎天下での作業はしないでください。●換気のいい所で作業してください。