KTC+・ST・SPお試しサイズ(各70ml)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

KTC+・ST・SPお試しサイズ(各70ml)

¥2,500 税込

対象アイテムと同時購入で割引

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

【店主より研磨初心者様へ】 研磨は、道具(ポリッシャー+コンパウンド+バフ)と少しの知識があれば誰でも出来ます。 しかし研磨は、塗装を削れる余裕が無ければ磨くことは出来ません。 初めての研磨やDIYでは、削って大丈夫かな?と失敗も多いと思います。 不安な場合には、購入・使用前に弊社まで、ご相談下さい。 相談フォーム:https://gz-coating.com/carwash/ 車種や塗装厚データより、どのような研磨が可能か?などアドバイスさせて頂きます。 車種・カラー・年式・コーティングの有無(過去にコーティングの施工等)をご記入下さい。 コーティングの有無・車種・カラー等から研磨が可能か?どの程度磨くことが可能か?等、アドバイスさせて頂いております。 KTC+、コンパウンドST、SPの各70mlのお試し量となります。 ポリッシャーを使用する場合、少なくともミニバンのボンネット、ルーフは仕上げられる量となります。 ST、SPは水研ぎのように霧吹きにより水を噴霧しつつ磨けますので、70mlでも広範囲を仕上げることが可能です。 各種コンパウンドの性能をお試し量でご確認頂けます。 200mlをご購入前に、皆様の研磨方法や綺麗にしたい程度のお試しにご利用下さい。 【研磨方法の参考動画】 当セットコンパウンドや弊社、バフ、リョービ RSE-1250ポリッシャーを使用すれば初心者様でも、そこそこ綺麗に磨き上げることが可能です。 ポリッシャーを扱えることで、手磨きでは改善出来ないキズを楽に仕上げることも可能です。 DW関西のYouTube動画を参考に是非、挑戦してみて下さい。 研磨方法の参考動画 ポリッシャー紹介:https://www.youtube.com/watch?v=WHr1bKuGuao 基本の研磨方法:https://www.youtube.com/watch?v=angAVGAPj5I 実車を使用した研磨方法:https://youtu.be/fQePZJIJHHQ 【製品データ】 KTC+ 用途:自動車などの塗装艶出し・バフ目、洗車キズ改善・汚れ落とし 成分:超微粒子ホワイトアルミナ、酸化アルミニウム、石油系溶剤、シリコーン(弱撥水・艶、鏡面促進剤) 施工:乾式 被膜:疎水性(弱撥水性) 容量:70ml 液色:薄緑色 内容:本剤70ml 取扱説明書 コンパウンドST 用途:自動車などの塗装の車キズ改善・汚れ落とし、水性コンパウンド 成分:ホワイトアルミナ・酸化アルミニウムを含む微粒子研磨剤、、界面活性剤 施工:乾式・湿式 容量:70ml 液色:薄緑色 内容:本剤70ml 取扱説明書 コンパウンドSP 用途:自動車などの塗装の車キズ改善・汚れ落とし、水性コンパウンド 成分:ホワイトアルミナ・酸化アルミニウムを含む微粒子研磨剤、界面活性剤 施工:乾式・湿式 容量:70g 液色:白 内容:本剤70g 取扱説明書 ※ステッカーは安価に提供するため、ボトルの再利用をし易くするために簡易ステッカーとなります。 ※複数個、購入時、説明書を購入数必要な場合には、備考欄にご記入下さい。記入が何もない場合には、1枚(1セット分)のみとさせて頂きます。 【コンパウンドの使い方について】 研磨方法等は動画で確認することをお勧めします^^ 研磨等の方法をまとめた公式HP、YouTubeチャンネルがありますので、実際の施工動画などをご覧ください。 公式HP https://gz-coating.com/ 公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCEdnjP4ye7He8mJHAo2wSNA 【保管について】 ・劣化要因(直射日光、40℃以上の温度、凍結、急激な温度変化、水分や湿気が多い等)となる所は避け、しっかり密栓し換気の良い冷暗所で保管すること。 ・子供の手の届くところに置かないこと。 ・廃棄する場合は、中身を使い切ってから捨てること。 【応急処置】 ・作業中に気分が悪くなった場合は作業を中断し、通気の良い場所で安静にすること。 ・誤って皮膚に付着又は目に入った場合は直ちに清水で十分に洗い流すこと。 ・応急処置では回復しない場合は直ちに医師の診察を受けること。 ・万が一飲み込んだ場合は水または牛乳を飲ませ、吐かせずに医師の診察を受けること。 【使用上の注意点】 ・用途以外に使用しない。 ・ご使用前に必ず目立たない場所でお試しになり、確認してからご使用ください。 ・施工箇所が熱い場合は、冷水で冷やすなど冷めてから作業してください。 ・風の強い日は、砂埃を巻き込んでしまう恐れがございますので作業をお控えください。 ・炎天下での作業はしないでください。・換気のいい所で作業してください。 ・艶消し処理されている部分には、ツヤが出てしまう可能性がございますので使用しない、又は部分的にお試しください。 ・素手での取り扱いに心配な方はゴム手袋等をご使用ください。 ・冷暗所で保管ください。(クルマの中などの密閉空間は高温となりますので避けて下さい) ・特殊な塗装や古い塗装へ施工する場合は、部分的や目立たない場所でお試し頂いてから全体へ施工することをオススメします。